西宮でホームページ制作やワード/パワーポイントでの企画書・提案書をSOHOで制作しています

Parallelsで動かしてるWindows7上のIISで動かしてるASPサイトにMacからアクセスした

クラシックASPで構築されているサイトのコンテンツ制作のお仕事がありまして、ローカルで制作を行うのに、Windows上のIIS(インターネットインフォメーションサービス)でサーバーを設定してやる必要がありました。

このサイトのお仕事は以前にも一度したことがあったのですが、Windowsで使うので、エディタとかもWindowsのやつを使ってたんですね。でも、私はいつもMacでCoda2使って作業をしているので、サイト管理とか含めCoda2でできたらいいなと思いながらやっていました。

それが、今回できてしまったので、かなり快適な制作プロセスになっています。
Coda2でいつもどおりコーディングしつつ、SafariやiOSシミュレーターでWindows上のIISで動いているサイトを表示確認できているので、もう全くストレスがありません!

作業環境はMacはOS X 10.10.2、WindowsはParallels Desktop 8上にWindows7を入れて動かしています。

Windowsの設定

IISの設定

制作はMacのCoda2なので、データもMac上においています。
IISでWebサイトの追加をする際に、物理パスにMac上のフォルダも指定できますので、Windows上にデータがなくても問題ありません。

iis

ファイアーウォール

いくつか解説ページがあったのですが、こちらのページの方法でいけました。
Access IIS on Windows7 VM from the Mac OS (http://markchouanard.com/post/39426320201/access-iis-on-windows7-vm-from-the-mac-os)

以下、日本語で手順を書いておきます。

  1. コントロールパネルからWindowsファイアーウォールを開きます。
  2. 左メニューより詳細設定をクリック。
  3. 左メニューの受信の規則をクリック。
  4. World Wide Webサービス(HTTPトラフィック)を右クリックでプロパティを開く。
  5. 「有効」をチェックしてOK。

firewall

ネットワークを共有ネットワークに

Parallelsのメニューで、デバイス-ネットワーク1-共有ネットワークになっていることを確認

network

コマンドプロンプトでipconfig

次にMacでhostsファイルに設定をするためにIPアドレスを確認します。
スタートメニューから「プログラムとファイルの検索」欄にcmd.exeとタイプしてコマンドプロンプトを開きます。
ipconfigとタイプしてからreturnすると次のような情報が表示されますので、IPv4アドレスをメモっておきます。

ipconfig

 Macの設定

このままでもIPアドレスでページを表示できるのですが、hostsファイルに任意のアドレスを登録してわかりやすくしておきます。hostsファイルは/etc/hostsにありますので、先ほど確認したIPv4アドレスとお好みのドメインを設定してやります。
ターミナルからでもテキストエディタを開いても、あるいはアプリを使ってもなんでもいいです。
このあたりはいくらでも設定の仕方はみつかると思います。
例)10.211.55.6  win.mysite.com

これでParallels上のIISにMac側からアクセスできるようになりました

Macのブラウザでwin.mysite.comとタイプすればWindows上のページが確認できます!
Windowsでも同じURLで表示したいときはWindowsのhostsファイルをへんしゅうしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です