西宮でホームページ制作やワード/パワーポイントでの企画書・提案書をSOHOで制作しています

WordPress:get_template_part()を子テーマで使った時の優先順位

別件でTheme Checkプラグインで出てきたNoticeを調べていたときに、下記の記事に行き当たり読んでいたら初めて聞く話だったので書いておきます。

Understanding get_template_part

日本語ではこちらの記事に優先順位のことが書かれていますが、情報が古いからか仕様が変わったのか分かりませんが、現在の最新版(WP3.7.1)とは順番が違っているようです。

WordPressのテーマ制作で、テンプレートのパーツを読みこませるときに、

get_template_part('content', 'single' );

のように使用すると、まずcontent-single.phpがあればそれを持ってきて、なければcontent.phpを持ってくるというような動作になります。

  1. content-single.php
  2. content.php

の順序ですね。
これが、子テーマを使用している場合にはこうなります。

  1. 子テーマのcontent-single.php
  2. 親テーマのcontent-single.php
  3. 子テーマのcontent.php
  4. 親テーマのcontent.php

get_template_partが裏で何をしてるのか

実際にテーマを探してるのはlocate_template()という関数で、get_template_partはそれに渡すためのファイルの配列を用意しています。
[‘content-single.php’,’content.php’]
という感じですね。この順番が大事です。
locate_templateは最初のcontent-single.phpについてSTYLESHEETPATH、つまり子テーマのディレクトリを先に探して、次にTEMPLATEPATH、親テーマのディレクトリを探します。
どちらもなければcontent.phpをSTYLESHEETPATH、TEMPLATEPATHの順に探します。
ちなみに、header.phpやfooter.phpを読み込むget_header()やget_footer()もこのlocate_template()関数を中で呼んでいるようです。

locate_template(Codex)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です