西宮でホームページ制作やワード/パワーポイントでの企画書・提案書をSOHOで制作しています

Concrete5:ブロック内のクラス名だけ変えたカスタムテンプレートの書き方

『Concrete5 Beginner’s Guide』での勉強続行中です。
なかなか英語読むのしんどいですが、前に挫折した部分は超えて、前より少し分かってきたかも。

先にConcrete5:ブロックのテンプレートを単純にラップするカスタムテンプレートを作る方法で、コアにアップデートがあっても大丈夫なカスタムテンプレートの書き方を載せましたが、ラップすると余計なdivを書くことになるので、できればクラス名だけ変えたいということもあるかと思います。

今回はその方法です。
例として、オートナビブロックにMy Navというカスタムテンプレートを作成してみます。
まずblocks/autonav/templates/my_nav/というディレクトリを作成して、その中にview.phpというファイルを作成します。
本の中ではjQueryでゴニョゴニョしたり、このテンプレート専用のcssを設定することを前提にしていたのでカスタムテンプレート名のディレクトリを作成していましたが、ただクラス名を変更するだけのときは、blocks/autonav/templates/my_nav.phpでもいいと思います。
今回はmy_navディレクトリにこのテンプレート専用のview.cssも配置する想定です。

<?php
$bvt = new BlockViewTemplate($b);
$bvt->setBlockCustomTemplate(false);

functon my_nav_callback($buffer) {
	return str_replace('<ul class="nag">','<ul class="my_nav">',$buffer);
}

ob_start("my_nav_callback");
include($bvt->getTemplate());
ob_end_flush();
?>

前回のラップの時と似てますが、今回はデフォルトテンプレートを内部バッファに保存して、ulのクラス名を置換してから出力しています。
これでmy_navというクラス名を使用したスタイルをview.cssに設定することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です